はじめに

出生届性自認に従って生きていくうえで、名前が問題となることがあります。歩や忍のように男女どちらであってもつけられる名前ではなく、身体の性別(生まれたときに割り当てられた性別)に多い名前(例えば、太郎や花子など)の場合です。男っぽい名前で女性として生きていく、女っぽい名前で男性として生きていくのはできれば避けたいでしょう。そこで、親につけれた名前を変更することができるでしょうか? 家庭裁判所の許可があれば、名前を変更することはできます。

これから、名前の変更について解説していきたいと思います。

名前の変更が認められるためには

まず、名前の変更について家庭裁判所の許可を得るためには、何が必要でしょうか? 名前の変更については、戸籍法107条の2は、次のように定められています。

正当な事由によつて名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。

要するに、正当な事由があれば、裁判所の許可を得て、名前の変更の届け出をしなければならないと書かれています。つまり、正当な自由があれば名前の変更ができることを意味します。

正当な事由とは?

次に、戸籍法107条の2の「正当な事由」とは何を意味するのでしょうか? それは、正当な事由とは、名の変更をしないとその人の社会生活において支障を来す場合をいい、単なる個人的趣味、感情、信仰上の希望等のみでは足りないとされています。例えば、奇妙で珍しい名前や、なんと読むのかわからない名前、異性と紛らわしい名前などは、「正当な事由」があるとされています。

では、トランスジェンダー、性別違和を抱える人、性同一性障害の人が、名前の変更をする場合、「正当な事由」があると認められるでしょうか? 性同一性障害という診断書があったとしても、それだけで「正当な事由」があるとは認められていません。

通称として使用実績

では、名前の変更は認められないのでしょうか? いいえ、そのようなことはありません。長年、本名ではなく通称で生活していた場合には、名前の変更が認められます。通称がその人の名前として周りの人々に知られているので、「正当な事由」を認めても社会的に混乱を招かないということを理由にしています。

私の聞くところによると、性同一性障害の診断書がある場合には、半年から2年程度の通称としての使用実績があれば、名前の変更が認められるそうです。

なお、通称使用としての使用実績があればいいので、性同一性障害の診断書がなければ不可欠というわけではないと思います。

使用実績を示す資料

ポスト通称としての使用実績があれば、名前の変更が許可されるのはわかりました。では、通称として使用してきたことをどのようにして家庭裁判所に伝えればいいでしょうか? 単に口で言っただけでは難しいでしょう。そこで、使用実績を示す資料を用意しなければなりません。以下、資料として使えるものを上げておきます。

  • My Suica(記名式)などの身分証がなくても購入できて名前の記載ができるカード類
  • 手紙やメール
  • 公共料金の請求書・領収書
  • 通販の伝票
  • 学生証や社員証(通称使用を認めている学校や職場の場合)
  • 保険証