はじめに

avatar
相談者
この前、同性の友人から「好きだ。付き合ってほしい。」と言われました。
avatar
弁護士
それはよかったですね。
avatar
相談者
よくないです。私は同性を好きにはなれないので、友人の気持ちに応えることはできません。このことを誰かに相談したら、アウティングになってしまいますか?
avatar
弁護士
誰に相談するかによると思います。
avatar
相談者
どういうことですか?
avatar
弁護士
アウティングの問題は、プライバシーの侵害の話なので、プライバシー侵害について解説します。

プライバシーの侵害

「宴のあと」事件とプライバシー権

プライバシーは,三島由紀夫のモデル小説「宴のあと」にまつわる裁判(東京地判昭39年9月28日判タ165号184頁)が有名です。その裁判では次のようにプライバシー権の意味とその要件を論じています。

プライバシー権は私生活をみだりに公開されないという法的保障ないし権利として理解される

(中略)

プライバシーの侵害に対し法的な救済が与えられるためには、公開された内容が(イ)私生活上の事実または私生活上の事実らしく受け取られるおそれのあることがらであること、(ロ)一般人の感受性を基準にして当該私人の立場に立つた場合公開を欲しないであろうと認められることがらであること、換言すれば一般人の感覚を基準として公開されることによつて心理的な負担、不安を覚えるであろうと認められることがらであること、(ハ)一般の人々に未だ知られていないことがらであることを必要

プライバシーの上記3つの要件は、順に
1. 私事性
2. 秘匿性
3. 非公然性
といいます。

プライバシー権の根拠

プライバシー権の根拠は憲法13条にあります。もっとも、プライバシー権は憲法13条に明記されているわけではありません。しかし,「新しい人権」の一つとして、プライバシー 権が認められることに争いはありません。

アウティングはプライバシーの侵害?

アウティングとは、本人の了解を得ずに、本人の性的指向や法律上の性別などを他者に明かすことといわれています。

一般的に、アウティングはプライバシー権の侵害にあたります。

今回のケースについては次のように考えます。同性に好きだと告白した事実はその告白した人のプライベートに関する事実ですので、秘事性は認められます。同性に好きだと告白した事実は、その人が同性を好きになる人(同性愛者やバイセクシュアルなど)だということを意味しますので、現時点の日本においては、公開してほしくないと考えられますので、秘匿性は認められます。告白した人がカミングアウトをしている有名人でなければ、一般の人にその人が同性を好きになる人だということは知られていないと考えられるので、非公然性も認められます。

avatar
相談者
例えば、私とその友人が同じ職場で、その友人が職場ではカミングアウトしていた場合に、非公然性についてはどうなりますか?
avatar
弁護士
その場合は、あなたの職場においては、非公然性は認められないでしょう。しかし、職場以外の場では非公然性が認められることもありますのでご注意ください。

個人の特定

avatar
相談者
今までの話からすると、私としては、その友人に告白されたことを他の人に話したりしてはいけないということになりますか?
avatar
弁護士
いいえ、一概には言えません。誰に話すかによって、プライバシーの侵害とはならない場合があります。
avatar
相談者
それはどういう場合ですか?
avatar
弁護士
例えば、あなたの友人のことを知らない人であれば、プライバシーの侵害にはなりません。
avatar
相談者
そうなんですか?
avatar
弁護士
はい。ですので、もしあなたが同性から告白されたことを1人で受け止めきれないのであれば、その友人を知らない別の友人などにご相談してみたらどうでしょうか?
avatar
相談者
はい。そうします。
avatar
相談者
ただ、世間は狭いので、告白した友人を知らない人に相談する場合であっても、その告白した友人の名前をいう必要もないので匿名の方がより安全ですね。